相続相談の弁護士費用とは?

subpage1

相続におけるトラブルの多くは法律の絡む厄介なものであることが多いです。また、家族間の関係や被相続人の介護問題などが絡み、遺産分割においても感情論になって結果的に根深い確執やトラブルを生む原因になることも。


話し合いで解決できればいいですが、長年の確執が原因でどうしても話し合いでは決着がつかず、裁判所の判決を仰ぐ事態になることも珍しくありません。

裁判所の絡むトラブルとなると、弁護士の管轄になります。



調停が適しているのか、それとも最終的に裁判で決着をつけることになりそうなのか、弁護士の助力してもらって解決に向けて動くことになるでしょう。

そこで問題になるのが弁護士費用です。
弁護士に解決を依頼すると、弁護士費用が発生します。

ビジネスジャーナル情報は初心者にも分かりやすいです。

また、裁判所を使うとなると裁判所の費用や、諸手続きのための費用、そして弁護士の交通費などの経費も必要になります。



実際どのくらい費用が必要になるかはケースバイケースで、概ね、遺産額が大きくなる、そして解決までに時間がかかると、費用は大きくなる傾向にあります。


相続のトラブルを解決したくても、弁護士費用が大きな心配事になるに違いありません。

弁護士事務所によっては一括払いのみというところもありますが、最近は多くの事務所で分割払いも受け付けています。


また、法テラスでは助成金や分割払いの手助けなどもしてくれますので、よく知っておく必要があります。
この他に司法書士会や弁護士会、地方自治体、法務局では相続関係の無料相談を開催していることもありますので、まずはそちらに相談に行くのも手です。

法律のコツ

subpage2

相続問題はこじれると厄介だという印象がないでしょうか。遺産分割での親族間の対立はよくドラマの題材として取り上げられますよね。...

next

対策方法

subpage3

遺産相続で揉めたら、最終的に裁判所に判断を仰ぐことになります。しかし、裁判所で判決をもらうことになれば、やはり法律の専門家たる弁護士の助力が必要になります。...

next

関連情報

subpage4

相続におけるトラブルは多種多様です。遺留分の請求であったり、名義変更の登記であったり、遺産の取り分で揉めて裁判所で裁判や調停をしたり、相続放棄や限定承認の手続きをしたりと、相続税の計算がわからなかったり、遺言書で揉めたりと、本当に色々です。...

next

初心者向き法律

subpage5

遺言がない場合は法律上相続する権利のある人が集まって協議をし、分け方を決めるわけですが、その時は相続が開始してからまだ日が経っていないこともありまして、心配なのが協議の時点でわかっていなかった遺産が後日見つかるという可能性です。一般的な対策としましては分割協議書に、この協議書で触れられていない遺産や後日判明した遺産については再度改めて話し合うといった文章を載せておくという方法が取られることが多いですが、後になって何かが見つかった場合の対応にはそもそも次の三点が考えられます。...

next